さよなら Softimage...

あれ?もう3月?(汗) ペリーです。

まあ、そんなことはどうでもいいとして、先ほど驚きのニュースが飛び込んできました。


゚(∀) ゚ エッ?

エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

ギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!!

オートデスクさん…、これはいくらなんでもヒドイです(涙
mental ray, Naiadを飼い殺しにしただけでは物足らず、今度はSoftimageの息の根を止めにかかるんですか?

去年あたりから、Softimageの開発はシンガポールのチーム(しかも数人だけ)で行うとか、ICEの開発チームを全員Mayaに移したとか、あまりいい噂を聞いてこなかったんですが、まさか開発中止にまで追い込むとは…。

自分はMaya派なのでそこまで被害は無いのですが、バリバリSoftimage使いの相方ミッチェルには大ダメージの予感。(…大丈夫かミッチェルよ?)

聞くところによると、日本のゲームメーカーさん(ムービー部門を除く)の多くは、Softimageを中心にしたパイプライン(制作工程)を作っているそうなので、今後数年の間に、どのメーカーさんも大きな方向転換を迫られることになりそうです。
…これまでパイプラインの制作にかかった投資を考えると(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

一応救済措置として、2016年2月まではmayaとmax両方のライセンスを使えるらしく、その後、どちらかのライセンスを選ぶ形になるらしいですね。

Softimage の最終リリースについてのお知らせに関する FAQ

…で、mayaとmaxどちらかを選べってことになるわけですが、おそらくほとんどの人は Maya に移るのかなーと自分は考えています。

と言うのも、今回の開発中止の理由は、おそらくあまり利益の上がらない3Dソフトウエア部門の開発費を、少しでも他のソフト(おそらく Maya)に注力したいというのが本音ではないでしょうか?
(オートデスク自体は元々CADソフトの開発がメイン)

3ds maxはプラグインがそろうと本当に良いソフトなんですが、逆に言うと単体ではかなり貧弱な感じが否めませんね。
SIにでさえあった Fluid 系の機能がいまだに maxにはなく、プラグイン(FumeFX とか)頼りとか。まあ、MayaのFluidもお世辞にも「マジで使える!」とは言えませんが…。

ただ、風のうわさで聞いたところによると、maxはSmall ~ Middle クラスのVFXスタジオ向けに、プラグインなどの開発を行いやすくするため、コアの部分の大規模な作り替えを行っているとか何とか。(本当か?)
まあ、maxは御三家の中でも一番基本設計が古い(元はDOSの時代の産物)らしいので、今後の存続のために必要な大改修なのかもしれません。
あと数年したら大きく変わったmaxが発表されるのかもしれませんよ。
(その逆でSIの次はmaxと言う噂も…。)

それにしても、消える消えると言われ続けてきた(←失礼) Lightwaveよりも早くSoftimageが無くなるとは…。

いやが上でも、自分達がどれだけ使っているソフトに依存しているか分かりますね。

ところで、 本人達も気づかずスルーしてましたが、ペーリーストリートが結成1周年を迎えていました(笑)

たしか、去年の2月に「同人活動しない?」ってミッチェルを誘ったのが始まりだった気がするので、あっと言う間に1年経ってしまったってことになります(汗)
(最初の日記の日付を結成日に設定したので間違いないはず。)

初年度は何も発表する物がなく、なんともしょっぱい駆け出しになってしまいましたね。
今年こそは何か発表できると良いんですが…。

まあ、そんな感じで今回はここまでと言う事で。
ではー。

0 コメント :

コメントを投稿

 

©Copyright Perry Street. All rights reserved.